服用する前に必読!シアリスの注意点

服用

シアリスの注意点として、併用禁忌薬があること、効果のピークが訪れる時間が人によって差が出やすいこと、の2つが挙げられます。
まず1つ目の併用禁忌薬は、狭心症や心筋梗塞の治療に使われるニトログリセリン系の薬です。
ニトログリセリンは、シアリスと同様に血管を拡張して血流を促す効果があります。
シアリスとニトログリセリンを併用してしまうと、薬の効果がダブルで効いて、血圧を下げすぎてしまいます。
血圧があまりにも下がりすぎると、死に至る危険性もあります。
正確には、狭心症の薬であるニトログリセリンなどの硝酸剤、重度の不整脈の薬のアンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠、がED(勃起障害)治療薬とは併用禁忌になっています。
硝酸剤が使われている薬は飲み薬だけではありません。
貼り薬、吸引薬、注射、スプレータイプの硝酸剤もあるので、注意が必要です。
これらの薬と併用しなけば、ED治療薬で命を落とす心配はありません。
ちなみに、うつ病治療薬や高血圧の治療薬のなかには性欲減退、勃起力低下、などが起こすものがあります。
次に注意しておきたいのは、シアリスの効果のピークが訪れるまでの時間です。
効果が出るまでに従来までの薬より時間がかかります。
人によっては数分で効果が出ることもあれば、12時間経っても効果が出ない人もいます。
食事の内容によっても効果が出るまでの時間は変わりますから、余裕を持って使うようにしましょう。
素早くしっかりと効果を出したいのであれば、空腹時に飲んで有効成分を薬に浸透させてしまうのがベターです。
シアリスは800kcalまでの食事であれば食事の影響を受けないとされていますが、脂っこいものを食べたあとは効果が出るまでに時間がかかる可能性があります。

関連記事
サプリメント
シアリスやサプリメントは健康保険の適用にならない

精力増強に関わる医薬品については、健康保険の適用になるものはありません。EDは生活習慣病の一つとされますが、他の病気と比べて命に関わるリスク...

記事を読む

目を気にする男性
シアリスで緑内障でなることはない根拠のまとめ

シアリスで緑内障になることはない根拠のまとめをきちんと確認しておく必要があります。ED治療薬を利用する際には、様々な副作用に関して注意をして...

記事を読む

シアリス
どこまで持続できる?シアリスの効果

シアリスの効果持続時間は、20mg錠で最大36時間となっています。ただしこれは平均なので、人によってはもっと長く続くケースもあります。ちなみ...

記事を読む

薄毛を気にする男性
プロペシアを利用している人がシアリスを服用する影響

パートナーとのセックスの際に途中で勃起できなくなってしまったり、以前のような硬さがなく満足できないというケースが多くあります。性交渉のチャン...

記事を読む

女医
女医の診察に抵抗な人はシアリスやカマグラでED改善

EDになる原因は、勃起に必要な血流量が少なくなるためなので、血行障害を治せば改善することが出来ます。禁煙して、バランスの良い食事を三食摂るよ...

記事を読む