勃起力の減衰に病院処方のシアリス

診察を勧める医師

加齢とともに、勃起力は減衰してくるものです。これには、血管が弾力性を失って硬くなる動脈硬化が関係しています。年齢とともに肌に弾力がなくなってくるのはわかりますが、内臓や血管でもこれが起こります。
これにより血液の流れが悪くなって、勃起に必要な血液がじゅうぶんに供給されなくなります。するとED(勃起障害)などが起こります。
こういう人の治療に病院で処方されているのが、シアリスという薬です。性欲をアップさせるような効果はありませんが、全身の血液のめぐりを良くすることでEDを解消してくれます。
病院でシアリスを処方してもらう場合、どこの医療機関を受診しても保険適用外の金額になります。1錠あたり10mgだと1,700円、20mgだと2,000円程度が相場です。
シアリスは第三のED治療薬として世に登場しました。これ以前までの薬は、食事の影響を受けてしまったり、効果持続時間が短いことがネックでした。
しかし、シアリスはその点を改善して食事の影響を受けにくく、効果持続時間が20~36時間ほど持続するように作られています。なので、焦らずに性行為に臨むことができます。
焦りでうまく勃起できないという男性であれば、シアリスを使ってみると良いでしょう。
ちなみに、シアリスは食事の影響を受けにくいとはされていますが、メーカーによると800kcalまでの食事ならば影響を受けないという発表になっています。牛丼の中盛りが650kcal前後ありますから、これを1食食べるくらいならば問題ありません。ただし、空腹時に飲んだほうが薬の効きが良いです。
しっかり効果を出したいという人は、空腹時に飲んでしまって、薬の成分を浸透させておくと良いでしょう。

関連記事
シアリス
どこまで持続できる?シアリスの効果

シアリスの効果持続時間は、20mg錠で最大36時間となっています。ただしこれは平均なので、人によってはもっと長く続くケースもあります。ちなみ...

記事を読む

育毛剤
シアリスの専門外来?育毛剤とは

シアリスはバイアグラ、レビトラと同様に勃起不全症治療薬として有名な薬です。日本では3剤の中で最も新しいタイプの薬です。シアリスはホスホジエス...

記事を読む

サプリメント
シアリスやサプリメントは健康保険の適用にならない

精力増強に関わる医薬品については、健康保険の適用になるものはありません。EDは生活習慣病の一つとされますが、他の病気と比べて命に関わるリスク...

記事を読む

服用
服用する前に必読!シアリスの注意点

シアリスの注意点として、併用禁忌薬があること、効果のピークが訪れる時間が人によって差が出やすいこと、の2つが挙げられます。まず1つ目の併用禁...

記事を読む

目を気にする男性
シアリスで緑内障でなることはない根拠のまとめ

シアリスで緑内障になることはない根拠のまとめをきちんと確認しておく必要があります。ED治療薬を利用する際には、様々な副作用に関して注意をして...

記事を読む