シアリスやサプリメントは健康保険の適用にならない

サプリメント

精力増強に関わる医薬品については、健康保険の適用になるものはありません。
EDは生活習慣病の一つとされますが、他の病気と比べて命に関わるリスクはありません。
EDが原因でメンタルが落ち込むことはあるでしょうが、血管が詰まって死に至ることはないでしょう。
シアリスも健康保険の適用外なので、10割自己負担にて購入する必要があります。
日本では今後もシアリスなどのED治療薬が保険適用となる見通しは立っていません。
国の医療費はすでに超高額になっており、下半身の増強目的の薬に対して保険適用とすることはないでしょう。
個人輸入代行サイトが流行している理由には、海外のED治療薬のジェネリックを格安で入手できることもあります。
今はまだシアリスのジェネリックを製造販売できないのですが、一部の国には成分特許がありません。
それゆえ特許期間内であってもジェネリックの製造・販売ができるわけです。
シアリスのジェネリックの価格は非常に安く、150円~300円程度となっています。
正規品だと1,700円以上が相場となっているので、5分の1未満の金額で購入できるわけです。
精力剤などのサプリメントも健康保険の適用外なので、すべて自己負担で購入します。
ビタミンやミネラル、にんにく、すっぽんなどのサプリメントは食品に分類されます。
形状は薬にそっくりですが、食品なのでスーパーで野菜を購入する感覚と変わりません。
サプリメントではない医薬品の精力剤に関しても、シアリスと同じく健康保険は使えません。
下半身のお悩み全般には健康保険は使えず、ED以外にも早漏、包茎、短小なども含まれています。
ただし、真性包茎やそれに近いカントン包茎などは、治療をしないと性病のリスクが高まることから、保険治療とみなされることがあります。

関連記事
コップと水
シアリスやバイアグラの正しい飲み方

中高年の頼もしい味方であるシアリスやバイアグラですが、効き目に個人差があるのはもちろんのこと、正しい飲み方をするかどうかで効果に大きな違いが...

記事を読む

薄毛を気にする男性
プロペシアを利用している人がシアリスを服用する影響

パートナーとのセックスの際に途中で勃起できなくなってしまったり、以前のような硬さがなく満足できないというケースが多くあります。性交渉のチャン...

記事を読む

女医
女医の診察に抵抗な人はシアリスやカマグラでED改善

EDになる原因は、勃起に必要な血流量が少なくなるためなので、血行障害を治せば改善することが出来ます。禁煙して、バランスの良い食事を三食摂るよ...

記事を読む

シアリス
どこまで持続できる?シアリスの効果

シアリスの効果持続時間は、20mg錠で最大36時間となっています。ただしこれは平均なので、人によってはもっと長く続くケースもあります。ちなみ...

記事を読む

診察を勧める医師
勃起力の減衰に病院処方のシアリス

加齢とともに、勃起力は減衰してくるものです。これには、血管が弾力性を失って硬くなる動脈硬化が関係しています。年齢とともに肌に弾力がなくなって...

記事を読む