• ホーム
  • シアリスで緑内障でなることはない根拠のまとめ

シアリスで緑内障でなることはない根拠のまとめ

落ち込む男性

シアリスで緑内障になることはない根拠のまとめをきちんと確認しておく必要があります。
ED治療薬を利用する際には、様々な副作用に関して注意をしておく必要があります。
ED治療薬に関する副作用のまとめはED治療薬ごとに存在しており、それらを確認することでどの薬が副作用が強いのかを把握することが出来ます。
近年では、緑内障が生じるほどの副作用が存在する薬の提供はまず行われていません。
緑内障の副作用が生じていたのは初期型のバイアグラのみですので、バイアグラ以降に販売された薬に関してはそうした副作用が存在しないわけです。
シアリスは、ED治療薬の中でも特に効果が緩やかなもので身体に負担をかけないものです。
バイアグラやそれに続く即効性のある薬の副作用が患者全体の9割であるのに対して、シアリスに関しては1割から2割程度に抑えることができているという統計的なまとめも発表されています。
つまり、従来の即効性のある薬と比較してわずか5分の1程度の副作用しか発現しないのです。
シアリスは、他の薬と異なって即効性ではなく持続時間に特徴をもたせた薬です。
バイアグラの持続時間はわずか5時間程度しかありませんでしたが、シアリスに関してはこの7倍の36時間程度続きます。
つまり、薬の副作用が生じないように緩やかな効果を持続させるように考えて開発されているのです。
こうした薬は近年では多く開発されていて、特にジェネリック医薬品としては海外で頻繁に開発が進められています。
即効性のある薬は確かにその場でより大きな効果を発揮できますが、患者に対して大きな負担を強いるものが多いというデメリットがありました。
そうしたデメリットを克服したのがシアリスなので、緑内障などの副作用が生じることはまずないのです。

関連記事
人気記事一覧