どこまで持続できる?シアリスの効果

シアリス

シアリスの効果持続時間は、20mg錠で最大36時間となっています。
ただしこれは平均なので、人によってはもっと長く続くケースもあります。
ちなみに、10mg錠だと作用が弱くなって平均20~24時間くらいの持続時間になります。
従来までのED(勃起障害)治療薬に比べてマイルドな効果で自然な勃起が得られるのが特徴です。
素早く協力な効果が欲しいという人には向きませんが、長い時間自然な効果が欲しいという人には適しています。
薬がものすごく効くということは、それだけ副作用が強く出てしまう可能性があるということです。
薬が効きやすい人は、その薬の有効成分に対して分解酵素を持っていないことが影響しています。
有効成分を分解する能力があれば効果はすぐに落ちてしまいますが、逆に分解酵素を持たない人だと、いつまで経っても強い効き目が出てしまうこともあります。
シアリスはED治療薬のなかでは効果がマイルドで安全に使える薬とされていますが、副作用が出ないわけではないので、症状が重い場合には医師に相談したほうが良いでしょう。
どこまで持続できるかですが、たくさん薬を飲んだからといって効果が長くなるわけではありません。
薬の効果というのは人間が勝手に呼んでいるだけで、それ以上の量を飲んでしまうと毒性、つまり副作用のほうが大きくなってしまう危険性があります。
なので、効果をのばしたいからといって安易に用量を多くするのは危険です。
シアリスは通常でも1日半という十分すぎる効果時間が得られるので、それ以上を求めなくても大丈夫でしょう。
1日半あれば週末にゆっくりカップルで過ごすこともできますし、1日目の夜だめだったとしても2日目に再チャレンジすることもできます。

関連記事
育毛剤
シアリスの専門外来?育毛剤とは

シアリスはバイアグラ、レビトラと同様に勃起不全症治療薬として有名な薬です。日本では3剤の中で最も新しいタイプの薬です。シアリスはホスホジエス...

記事を読む

コップと水
シアリスやバイアグラの正しい飲み方

中高年の頼もしい味方であるシアリスやバイアグラですが、効き目に個人差があるのはもちろんのこと、正しい飲み方をするかどうかで効果に大きな違いが...

記事を読む

目を気にする男性
シアリスで緑内障でなることはない根拠のまとめ

シアリスで緑内障になることはない根拠のまとめをきちんと確認しておく必要があります。ED治療薬を利用する際には、様々な副作用に関して注意をして...

記事を読む

サプリメント
シアリスやサプリメントは健康保険の適用にならない

精力増強に関わる医薬品については、健康保険の適用になるものはありません。EDは生活習慣病の一つとされますが、他の病気と比べて命に関わるリスク...

記事を読む

診察を勧める医師
勃起力の減衰に病院処方のシアリス

加齢とともに、勃起力は減衰してくるものです。これには、血管が弾力性を失って硬くなる動脈硬化が関係しています。年齢とともに肌に弾力がなくなって...

記事を読む